特徴的なデザインを持つ家|狭さをあえてセールスポイントにした狭小住宅を大解剖

狭さをあえてセールスポイントにした狭小住宅を大解剖

紙で作った家の形

特徴的なデザインを持つ家

インテリア

周りとは違った家を建てたい、伝統技法を用いた格式ある戸建て住宅を建てたいなら、宮大工が作る家があります。熟練の職人が手掛ける建物なので、住宅構造がしっかりしており、丈夫で趣のある住宅へと仕上がります。宮大工が作る家を建てるなら、こだわると良いのがデザインであり、周囲の家とは全く異なる印象を与えます。宮大工は、長年に渡り神社や仏閣を手掛けてきた職人集団でもあるため、それらの技法を戸建て住宅に取り入れる事になります。そのため荘厳な屋根やデザイン、日本家屋の奥ゆかしさを表現する事ができ、圧倒される様な建物が完成します。斬新な建物にするなら、昔からあるデザインと現在のデザインを融合すると良く、独創的な住宅が出来上がります。

神社や仏閣は、依頼主の要望によってデザインや用いる素材は異なりますが、それを住宅に取り入れる事で、通常とは異なる雰囲気に仕上がります。宮大工は高度な知識と技術を持っているため、倒れにくく劣化しにくい工夫が、建物の随所に見られます。地震や台風などの自然災害が頻発する日本では、強固な建物が求められており、宮大工が作る家はそれを叶えてくれます。特徴的なデザインが魅力の住宅ですが、内装や構造もしっかりしているため、室内は居心地の良い空間となります。畳は目の細かいい草を使用し、壁は桧を使って防湿効果を高め、見えづらい部分にもオシャレなデザインを施します。室内に居るのが楽しくなる家、宮大工が作る家にはそんな気持ちがこもっているため、高い評判があります。