少しずつ課題をクリア|狭さをあえてセールスポイントにした狭小住宅を大解剖

狭さをあえてセールスポイントにした狭小住宅を大解剖

紙で作った家の形

少しずつ課題をクリア

一軒家

資金計画から

横浜市は多くの企業を抱える国内を代表する中心都市としての機能を持ち、同時に、東京のベッドタウンとしても機能する大都市です。しかしながら、東京や隣の川崎に比べると地価が安めであって、特に横浜市の南部の方は手頃な価格の不動産もたくさん見られます。ただし、市の中心となる西区や中区あたりは地価は比較的高めとなっているため、この地を選択するのであれば、慎重な土地選びが必要となります。横浜で注文住宅を建てる場合に最優先すべきは、資金計画を立てることで、どの工事にいくらお金がかかり、どの金融機関でローンを組むのかなど、早い段階から把握すべきです。各住宅メーカーや工務店と接触する回数が増えてくると、少しずつコストの目安を知ることができます。いくらの借り入れが必要なのか、少しでもお得な住宅ローンを借りるための手段などしっかり検討し、一歩ずつ課題を乗り越えていきましょう。

優先順位をつけること

横浜のような大都会で土地を購入する場合には、やむを得ず狭い土地になったり、変わった形状の土地となる可能性も考えられます。したがって、注文住宅を建てる場合のメーカーや工務店選びも少し慎重にならなければなりません。つまり、このような特殊な土地にも対応することができる注文住宅メーカーをしっかり選択しなければなりません。幸い、横浜ではこのような住宅メーカーが近年実績を伸ばしていますし、地元横浜の工務店も対応可能なところがたくさん見られますから、ご安心ください。また、注文住宅を建てるときには、ついつい欲張ってしまう傾向があり、あれこれとこだわりを取り入れてみたくなります。しかしながら、予算との兼ね合いもありますから、しっかりと優先順位をつけておくべきです。注文住宅に希望するポイントが出てきた場合には、同時に、優先順位として何番目の位置するのかを確認すると良いでしょう。