狭さをあえてセールスポイントにした狭小住宅を大解剖

一軒家
キッチン

住まいに求める条件

大阪で一戸建てを購入することが決まったら、家族が住まいに求める条件をリストアップして、優先順位をつけてみましょう。大阪には主要駅の近くにマンションが乱立しているので、毎日電車で通勤する人であればマンション暮らしの方が便利です。

都心で戸建てを実現する

家の絵

地価の高さを克服する工夫

東京で一戸建てマイホームを実現しようとすると、まず直面するのが土地価格の高さです。東京は言うまでもなく日本で最も人口が集中している地域であり、宅地化の進行も最も進んでいます。主要駅の近くなど立地の良い場所には一戸建て住宅に適した用地はもはやほとんど残されていないか、あっても非常に高額です。もちろん、時間をかけて探せばそんな東京にも庶民に手の届くレベルの土地はまだまだあります。しかしそれらの多くは住宅用地に適さないぐらい狭いか、あるいは変形地であるのが常です。しかし、そうした土地が適さないのは、あくまでも普通の住宅を建てようとする場合です。工夫次第では、上質な住まいを手に入れることも可能です。その手段の1つが、狭小住宅の建設です。

狭さを生かした空間づくり

狭小住宅は、土地面積がおおよそ50平方メートル、あるいは15坪以下の土地に建設される住宅です。地下室・3階建て・屋上バルコニーなどさまざまな間取りの工夫によって、狭さを感じさせない住環境を実現しているのが大きな特徴となっています。また、狭小住宅は住む人のライフスタイルに合わせた個性的な空間構成が可能な家でもあります。庭を広く取れない分採光を良くして室内で植物を育てられるようにしたり、中二階を作って子供の遊び場にしたりと、常識にとらわれない発想も狭さゆえに可能となります。東京には狭小住宅を専門に手がけるデザイナーや工務店が数多く存在します。施工実績も豊富なので、相談すれば狭くても快適に暮らせるためのさまざまなアイデアを提供してくれます。

一軒家

少しずつ課題をクリア

横浜は東京や川崎に比べると地価が安めで、南部には手頃な価格の不動産も見られます。ただ、大都市であることに変わりなく、資金計画は綿密に立てなければなりません。また、購入する土地が特殊な場合には住宅メーカーを慎重に選ぶ必要があります。さらに、注文住宅へのこだわりも優先順位を付けるなどの工夫が必要です。

インテリア

特徴的なデザインを持つ家

周囲とは異なる家を建てたい、伝統技法を用いた日本家屋が建てたいなら、宮大工が作る家はピッタリです。特徴的なデザインが魅力ですが、高度な知識と技術が詰まっているため、倒れにくく劣化しにくい工夫があります。